離職率が低い会社の共通点3選

近年、多種多様な働き方が認められてきた影響で、従来のやり方では、社員を引き止められなくなりました。

しかし、企業として生産性を上げ、利益の最大化を目指すには、社員に長期間在籍してもらうことが重要です。

離職率が低い会社を調べると、3つの共通点がありました。

社員に「一人の人間として尊重する」姿勢を示しているのです。

これからも会社を発展させるために、以下のポイントをチェックしましょう。

共通点①社員の時間を確保する

従業員にとって、会社は最優先ではありません。

会社にいるよりも、好きなように時間を使いたいのです。

休日にしっかり休んでこそ、実力も発揮できます。

平日でも残業が少なければ、趣味に没頭できます。

長期休暇が取りやすいなら、海外旅行にも行けます。

時短勤務が推奨されているのであれば、子どもや家族と一緒にいられます。

一人ひとりによって、大切なものは違います。

それぞれに合わせた人生を過ごせるよう、時間の調整は必須です。

共通点②社員の働きを評価する

従業員は、会社に認められているか常に気になるもの。

評価制度が明確であれば、達成に向けて努力します。

年齢や勤続年数ではなく、個々の能力で賃金を上げましょう。

すべての評価基準を見せることは出来なくても、社員が変えられる部分については公開するといいですね。

また、細やかな部分にも目を配りましょう。

営業でいい成績を残したとき、手当を付けていますか。

長年勤めてくれているベテランに、記念品を渡していますか。

あまり余裕がない場合でも、誕生日にメッセージカードを贈ることは出来るはず。

モチベーションが上がり、さらに会社に貢献してくれるでしょう。

共通点③社員の教育を徹底する

従業員には、学びの場を用意しましょう。

新人に対する研修をしっかり行えば、帰属意識も高まります。

特に新卒には、ビジネスマナーから始まり、「報・連・相」など、仕事の進め方も教えましょう。

昔ながらの「見て覚えろ!」では、若者は離れていくばかりです。

パワハラ・セクハラの研修も忘れずに。

国からの助成金を上手く使えば、お得に社員のスキルアップを図れます。

人材の育成は、スタッフ・会社どちらにとってもプラスなんですね。

まとめ

離職率が低い会社の共通点は、以下の3点です。


①社員の時間を確保する
②社員の働きを評価する
③社員の教育を徹底する


社員をしあわせにできなければ、企業の永続的な発展は難しいでしょう。

時間・評価・教育に力を入れれば、社員が定着します。

高いパフォーマンスを発揮するようになり、顧客の満足度も上がります。

会社の成長を促すために、3つのポイントを改善してみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

報告する